月別アーカイブ: 4月 2011

我家の魔除けたち

  ふと気づいたら、我家に住み着く数々の「魔除けたち」…私 … 続きを読む

カテゴリー: 徒然なるがままに.... | 4件のコメント

我家の魔除けたち への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    レイラです。
    ほほ~う、魔除けっていろいろあるんだね。なんだか気味悪いのもいて、これだと悪い奴らも嫌がって近寄らなさそう。
    レイラが嫌なのはね、実は「タバコの臭いがするパパの手」なんだ。
    だから一度もパパの手を舐めたことなんてないんだ。きっと奴らだって近寄らないと思うよ。
    同じ手でも「熊の手」は別。じゃんじゃんお金が寄ってきて、かき集めてなくっちゃってことになる。
    ねえ、ぐらんぱ、大きなクマデを置いたらいいんじゃない?
    そしたら、金運がよくなるかもよ・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&ぱぱへ
      随分前に「すべてが ちょうどよい」….という貼り紙を、京都のあるお寺で見たことがあります。あとになって、良寛さんがつくったものだということを知りました。その詩の一部に、こう書いてあります。「お前はお前で丁度よい…貧も富も親も子も 息子の嫁もその孫も それはお前に丁度よい」…そう思うことにしています。
      いつもお付き合いありがとうございます。

  2. のコメント:

    今、同窓会の友をそれぞれの地に送り終わり
    帰ってきたところです。
    さしずめ、今の私にとっては、楽しかったよ。有難う。って
    帰って行った友達の笑顔が、何物にも替えがたい
    私の心の魔除け?かも

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      幹事さんの大役をお引き受けだったのでしょうか?…。
      そして、みなさんの笑顔から、魔除けの「気」を貰ったとのこと。
      あなたのことを、良く理解してくれる「同窓生」。
      そういう人からの「気」は、何よりも嬉しいものですね。
      お世話した甲斐がありましたね。…ご苦労さまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“音”を楽しむ

優雅な音色を自分で奏でられたら…..と思ったことありませんか? 仕事 … 続きを読む

カテゴリー: 徒然なるがままに.... | 8件のコメント

“音”を楽しむ への8件のフィードバック

  1. のコメント:

    サックスの演奏を聴くと胸がキュンとなり
    なぜか、涙が出そうになります。訳は??
    是非続けて下さい。そして又演奏会を楽しみにしています。
    継続は力なり。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      Saxの音は、人の声に近いと聞きます。…だから、上手な人の演奏だと、心や感情といったものまでが伝わってきて…聴く人を魅了するんですよね。魅せる演奏…私にはほど遠いけど…コツコツと続けてみます。ありがとうございました。

  2. layla のコメント:

    レイラです。
    へ~っ、サックス?その楽器にまつわるぐらんぱの歴史をはじめて知りました。
    レイラのお店でも「ゆずっ子」ってのがあって、ギターの弾き語りをするステージが設けられています。
    ただ、この席に着席するにあたっては3つのルールがあって、これを守れる人だけに演奏する権利が発生します。
      ルール その① 着席したら軽くチューニングを終えて、すぐに演奏をはじめます。
           その② 失敗しても途中でやめず、最後まで演奏を続けます。
           その③ 演奏を終えたら直ちに自分の席にもどります
    これは「ゆずっ子ルール」といって、パパが考えた「演奏者を美しく見せる三原則」なんだ。
    ぐらのぱが言うように、音楽は「音を楽しむ」のであって、決して自分がもっているテクニックをひけらかす道具ではないんだよね。
    だから自分が弾ける箇所だけを演奏するのは御法度。
    肝心なのは、弾いてる人も聴いてる人も音を楽しめなくてはならない。
    となれば、自然と一つの曲を通して演奏しなきゃね。
    ましてや、演奏が終わっても意味なく席にとどまるのは・・・。
    だからパパは、この三つのルールを課してるんだって。
    ねえ、ぐらんぱ、ゆずっ子席でぜひサックスを吹いて聴かせてください。
    他の客様から拍手があるとドリンク代半額になるって特典もあるので、
    ぜひぜひお願いしま~す。
    一緒に音を楽しんじゃいましょうよ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&ぱぱへ
      私だけでなく人それぞれに、心に秘めた音の世界があると思いますよ。「ゆずっ子席」は私にとって「カーネギー・ホール」です。そうした舞台に立てることを夢にみながら、弛みなく続けられたらと思っています。

  3. Rocky のコメント:

     おーっ!
    サックスですか。懐かしいと言うか、憧れと言うか。
    私は歌を歌うことが一番ヘタだとおもいます。普通は食べ物がだめになるよと、言われますよね。私の場合は、たぶん、お人様が倒れるとおもいます。
    でも、木管楽器のリードを付けた楽器は、音を出すことができます。又金管楽器も大好きです。
     ぐらんばは、すごいですね。一度「音」を聞きたいものです。
    頑張ってください。

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんへ
      Saxが「木管楽器」だと言うこと、そして「リード」を
      ご存じ….また「金管楽器」も大好きですか。
      いやいや….私よりずうーッとお詳しい様ですね。
      何時か、詳しくお話しを伺いたいです。ではまた…。

  4. JE6BVY のコメント:

    アルトサックスいいですね~
    僕もやりたいと思ってますよ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      JE6BVYさんへ
      blogを見て下さって、ありがとうございました。Sax…頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“音”を楽しむ への8件のフィードバック

  1. のコメント:

    サックスの演奏を聴くと胸がキュンとなり
    なぜか、涙が出そうになります。訳は??
    是非続けて下さい。そして又演奏会を楽しみにしています。
    継続は力なり。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      Saxの音は、人の声に近いと聞きます。…だから、上手な人の演奏だと、心や感情といったものまでが伝わってきて…聴く人を魅了するんですよね。魅せる演奏…私にはほど遠いけど…コツコツと続けてみます。ありがとうございました。

  2. layla のコメント:

    レイラです。
    へ~っ、サックス?その楽器にまつわるぐらんぱの歴史をはじめて知りました。
    レイラのお店でも「ゆずっ子」ってのがあって、ギターの弾き語りをするステージが設けられています。
    ただ、この席に着席するにあたっては3つのルールがあって、これを守れる人だけに演奏する権利が発生します。
      ルール その① 着席したら軽くチューニングを終えて、すぐに演奏をはじめます。
           その② 失敗しても途中でやめず、最後まで演奏を続けます。
           その③ 演奏を終えたら直ちに自分の席にもどります
    これは「ゆずっ子ルール」といって、パパが考えた「演奏者を美しく見せる三原則」なんだ。
    ぐらのぱが言うように、音楽は「音を楽しむ」のであって、決して自分がもっているテクニックをひけらかす道具ではないんだよね。
    だから自分が弾ける箇所だけを演奏するのは御法度。
    肝心なのは、弾いてる人も聴いてる人も音を楽しめなくてはならない。
    となれば、自然と一つの曲を通して演奏しなきゃね。
    ましてや、演奏が終わっても意味なく席にとどまるのは・・・。
    だからパパは、この三つのルールを課してるんだって。
    ねえ、ぐらんぱ、ゆずっ子席でぜひサックスを吹いて聴かせてください。
    他の客様から拍手があるとドリンク代半額になるって特典もあるので、
    ぜひぜひお願いしま~す。
    一緒に音を楽しんじゃいましょうよ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&ぱぱへ
      私だけでなく人それぞれに、心に秘めた音の世界があると思いますよ。「ゆずっ子席」は私にとって「カーネギー・ホール」です。そうした舞台に立てることを夢にみながら、弛みなく続けられたらと思っています。

  3. Rocky のコメント:

     おーっ!
    サックスですか。懐かしいと言うか、憧れと言うか。
    私は歌を歌うことが一番ヘタだとおもいます。普通は食べ物がだめになるよと、言われますよね。私の場合は、たぶん、お人様が倒れるとおもいます。
    でも、木管楽器のリードを付けた楽器は、音を出すことができます。又金管楽器も大好きです。
     ぐらんばは、すごいですね。一度「音」を聞きたいものです。
    頑張ってください。

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんへ
      Saxが「木管楽器」だと言うこと、そして「リード」を
      ご存じ….また「金管楽器」も大好きですか。
      いやいや….私よりずうーッとお詳しい様ですね。
      何時か、詳しくお話しを伺いたいです。ではまた…。

  4. JE6BVY のコメント:

    アルトサックスいいですね~
    僕もやりたいと思ってますよ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      JE6BVYさんへ
      blogを見て下さって、ありがとうございました。Sax…頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(4)

3月10日(木曜日)台湾周遊の旅はもう今日で終わり….何時もそうだが … 続きを読む

カテゴリー: 旅と写真のわすれな草 , 海外旅行 | 9件のコメント

台湾周遊4・2011(4) への9件のフィードバック

  1. JR6EFN のコメント:

    今回の写真も、素敵でした。次回も楽しみにしています。 正昭

  2. のコメント:

    おはようございます。
    名所の細かな記事、そして素晴らしい写真の数々
    楽しませていただきました。
    お料理も、美味しそうでしたね。
    体重計の目盛りが増えたのでわ?

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
       こんにちは。
      台湾周遊の旅を第4話に分けて、駆け足で観て戴きました。
      お付き合い…ありがとうございました。
      食べると翌朝には数字になって表れます。その体重が元に戻るのは
      忘れるほど先のことか…戻らないこともありますからね。
      なんですか…私たちの年齢では、むしろ「ちょっと小肥り」が健康だとか? そう理解しておきましょう…ではまた。

  3. layla のコメント:

    台湾周遊、レイラも存分楽しんじゃいました。
    お出かけして美味しいもの食べるって、ホント人生の醍醐味だよね。
    帰国した日の晩ご飯が美味しかったって・・・その感覚わかる~っ。
    旅って、自分が生まれた場所や家族のことが
    いかにいいかって感じさせてくれるんだよね。
    さっ、パパ、ママ、しっかり働いて、レイラをアイルランドに連れてってよ!
     追伸、カメラ教室の開催が決定しました。
     近々、ブログで詳細をお知らせいたしますのでご覧くださいませ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとぱぱ&ママへ
      楽しんで貰えて、こちらこそ嬉しくなります。
      旅は出掛けて行くも良し….そして、おっしゃるとおり、帰るもまた良しですね。
      ただ…お土産げのない帰りは…孫たちの視線が怖いですよ〜ッ。
      これからも、お付き合いよろしくお願いしまーす。

  4. 山崎 材 のコメント:

    こんにちは!
    いつもお世話になっております。

    台湾編、楽しく見せていただきました。
    写真集の時と違い、自ら編集できるからなのか、情報量もハンパないです( ´ ▽ ` )ノ

    皿うどんも大変勉強になりました!
    近いうちに長崎に食べに行く理由が出来ました( ̄▽ ̄)

    また楽しみにしています(`_´)ゞ

    ざい

    • ぐらんぱ のコメント:

      ざい さんへ
      おはようございます。そしてコメントありがとうございます。
      大容量・最新式のパソコンが入ったそうで…おめでとうございます。素晴らしい環境でしょうね。たわいない私のblogですが、これからも見て下さいね。「ちゃんぽん・皿うどん」は癌予防食No.1と言われたこともありますよ。ぜひご賞味あれ。ではまた。

  5. 88必发 のコメント:

    人生就像钟表,可以回到起点,却已不是昨天!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(4) への9件のフィードバック

  1. JR6EFN のコメント:

    今回の写真も、素敵でした。次回も楽しみにしています。 正昭

  2. のコメント:

    おはようございます。
    名所の細かな記事、そして素晴らしい写真の数々
    楽しませていただきました。
    お料理も、美味しそうでしたね。
    体重計の目盛りが増えたのでわ?

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
       こんにちは。
      台湾周遊の旅を第4話に分けて、駆け足で観て戴きました。
      お付き合い…ありがとうございました。
      食べると翌朝には数字になって表れます。その体重が元に戻るのは
      忘れるほど先のことか…戻らないこともありますからね。
      なんですか…私たちの年齢では、むしろ「ちょっと小肥り」が健康だとか? そう理解しておきましょう…ではまた。

  3. layla のコメント:

    台湾周遊、レイラも存分楽しんじゃいました。
    お出かけして美味しいもの食べるって、ホント人生の醍醐味だよね。
    帰国した日の晩ご飯が美味しかったって・・・その感覚わかる~っ。
    旅って、自分が生まれた場所や家族のことが
    いかにいいかって感じさせてくれるんだよね。
    さっ、パパ、ママ、しっかり働いて、レイラをアイルランドに連れてってよ!
     追伸、カメラ教室の開催が決定しました。
     近々、ブログで詳細をお知らせいたしますのでご覧くださいませ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとぱぱ&ママへ
      楽しんで貰えて、こちらこそ嬉しくなります。
      旅は出掛けて行くも良し….そして、おっしゃるとおり、帰るもまた良しですね。
      ただ…お土産げのない帰りは…孫たちの視線が怖いですよ〜ッ。
      これからも、お付き合いよろしくお願いしまーす。

  4. 山崎 材 のコメント:

    こんにちは!
    いつもお世話になっております。

    台湾編、楽しく見せていただきました。
    写真集の時と違い、自ら編集できるからなのか、情報量もハンパないです( ´ ▽ ` )ノ

    皿うどんも大変勉強になりました!
    近いうちに長崎に食べに行く理由が出来ました( ̄▽ ̄)

    また楽しみにしています(`_´)ゞ

    ざい

    • ぐらんぱ のコメント:

      ざい さんへ
      おはようございます。そしてコメントありがとうございます。
      大容量・最新式のパソコンが入ったそうで…おめでとうございます。素晴らしい環境でしょうね。たわいない私のblogですが、これからも見て下さいね。「ちゃんぽん・皿うどん」は癌予防食No.1と言われたこともありますよ。ぜひご賞味あれ。ではまた。

  5. 88必发 のコメント:

    人生就像钟表,可以回到起点,却已不是昨天!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(3)

2011年3月9日(水)台湾周遊の旅は3日目を迎え・高雄のグランドハイライホテル … 続きを読む

カテゴリー: 旅と写真のわすれな草 , 海外旅行 | 4件のコメント

台湾周遊4・2011(3) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    ぐらんぱ、第3話も興味深く読ませてもらってます。ほんと、歴史のお勉強になる・・・。
    レイラ、台湾のことなんて、な~んにも知らないんだって自覚しちゃった。
    そんな偉い人が平戸のご出身とは、それにぐらんぱも・・・。
    平戸の有名人、ジャパネットの高田社長さんくらいしか知らなかったよ。
    一国の歴史をひもとくって、すごく意義深いってことが伝わってきます。
    そして、これらのことを克明に記録しておられるぐらんぱに脱帽です。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaさんへ

      ながながとなった第3話….。
      今回ばかりでなく、何時もよく見て下さってありがとうございます。
      序でに申し上げれば、平戸には、松浦の「お殿様」もおられました。
      この話はまた何時か…ではまた…。

  2. JR6EFN のコメント:

     第3話の写真も楽しく、見せて貰いました。まだ秘蔵の写真が、沢山あると思います。      又、第4話も、楽しみにしています。ヨロシク ! 正昭        

    • ぐらんぱ のコメント:

      JR6EFNさんへ

      何時も見てくれてありがとう。
      「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で、旅行に出ると…1日に撮る写真の枚数は、
      平均的に80枚〜140枚くらいになるかな。本音は、そうした写真の全てをも見て貰いたい。だけどblogでは、それが叶いません。
      これからも….出来るかぎり公開して行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(3) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    ぐらんぱ、第3話も興味深く読ませてもらってます。ほんと、歴史のお勉強になる・・・。
    レイラ、台湾のことなんて、な~んにも知らないんだって自覚しちゃった。
    そんな偉い人が平戸のご出身とは、それにぐらんぱも・・・。
    平戸の有名人、ジャパネットの高田社長さんくらいしか知らなかったよ。
    一国の歴史をひもとくって、すごく意義深いってことが伝わってきます。
    そして、これらのことを克明に記録しておられるぐらんぱに脱帽です。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaさんへ

      ながながとなった第3話….。
      今回ばかりでなく、何時もよく見て下さってありがとうございます。
      序でに申し上げれば、平戸には、松浦の「お殿様」もおられました。
      この話はまた何時か…ではまた…。

  2. JR6EFN のコメント:

     第3話の写真も楽しく、見せて貰いました。まだ秘蔵の写真が、沢山あると思います。      又、第4話も、楽しみにしています。ヨロシク ! 正昭        

    • ぐらんぱ のコメント:

      JR6EFNさんへ

      何時も見てくれてありがとう。
      「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で、旅行に出ると…1日に撮る写真の枚数は、
      平均的に80枚〜140枚くらいになるかな。本音は、そうした写真の全てをも見て貰いたい。だけどblogでは、それが叶いません。
      これからも….出来るかぎり公開して行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(2)

2011年3月8日(火)天気は曇…ぅむッ?…スモッグかな … 続きを読む

カテゴリー: 旅と写真のわすれな草 , 海外旅行 | 5件のコメント

台湾周遊4・2011(2) への5件のフィードバック

  1. 伊藤正昭 のコメント:

    今回の写真も、楽しく見させて、もらいました。

  2. layla のコメント:

    レイラです。
    いや~っ、ホント一緒に台湾旅行してるみたい。楽しく拝見させていただいてます。
    一番気になるのは、フカヒレメインの食事とワイン。
    美味しかったんだろうな~っ。
    おっと、ぐらんぱのあんよのことも心配。
    さてさて、台湾紀行(その3)では、どんな美味しいものが登場するのか楽しみです。

    • ぐらんぱ のコメント:

      レイラとパパ・ママへ
      「北京ダック」より日本の「地鶏」が美味い…「フカヒレ」にいたっては無味。私たちの嗜好感とはちょっとズレていて….
      やっぱり一番なのは「長崎皿うどん太麺」で〜す。
      海外から戻るといつも、日本人で良かったなと思います。
       そう、「あんよ」は治っていますが、2㎏ほどの減量が課題なんです。
      朝陽が眩しい ! ….今日もいい日でありますように。

  3. のコメント:

    ぐらんぱ おはようございます。
    渓谷 素晴らしかったでしょうね。
    初めて観る物って感動もひとしおですね。
      お庭の桜、満開ですか?

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      この太魯閣渓谷を訪れて、ふとニュージランドのフィヨルドを
      想い出しました。 3000㍍級の山の頂上が、谷底にいて見てとれる。
      山肌が、いずれも岩石で絶壁に近いからでしょう。
      その前に立つと….本当に言葉を失います。
      何時もblogを見て下さってありがとうございます。
      桜はいまが綺麗です ! …お立ち寄り下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

台湾周遊4・2011(2) への5件のフィードバック

  1. 伊藤正昭 のコメント:

    今回の写真も、楽しく見させて、もらいました。

  2. layla のコメント:

    レイラです。
    いや~っ、ホント一緒に台湾旅行してるみたい。楽しく拝見させていただいてます。
    一番気になるのは、フカヒレメインの食事とワイン。
    美味しかったんだろうな~っ。
    おっと、ぐらんぱのあんよのことも心配。
    さてさて、台湾紀行(その3)では、どんな美味しいものが登場するのか楽しみです。

    • ぐらんぱ のコメント:

      レイラとパパ・ママへ
      「北京ダック」より日本の「地鶏」が美味い…「フカヒレ」にいたっては無味。私たちの嗜好感とはちょっとズレていて….
      やっぱり一番なのは「長崎皿うどん太麺」で〜す。
      海外から戻るといつも、日本人で良かったなと思います。
       そう、「あんよ」は治っていますが、2㎏ほどの減量が課題なんです。
      朝陽が眩しい ! ….今日もいい日でありますように。

  3. のコメント:

    ぐらんぱ おはようございます。
    渓谷 素晴らしかったでしょうね。
    初めて観る物って感動もひとしおですね。
      お庭の桜、満開ですか?

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      この太魯閣渓谷を訪れて、ふとニュージランドのフィヨルドを
      想い出しました。 3000㍍級の山の頂上が、谷底にいて見てとれる。
      山肌が、いずれも岩石で絶壁に近いからでしょう。
      その前に立つと….本当に言葉を失います。
      何時もblogを見て下さってありがとうございます。
      桜はいまが綺麗です ! …お立ち寄り下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です