月別アーカイブ: 6月 2011

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(8)

■エジプト・アレキサンドリア入港【第8日目】・(平成22年)2010.2月27日 … 続きを読む

カテゴリー: 海外旅行 | 6件のコメント

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(8) への6件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    うひょ~っ、まさにエジプトだね。写真を見てるとため息が出てきちゃう。
    クフ王の王座がまたすごい。肘掛けの先と脚はライオン様ときてる、しかも金ピカ・・・。
    黄金のマスクは11kgときたもんだ。さっきパパは新聞で金の相場を調べてた、いったいいくらになるんだ・・・ってか?
    エジプト5000年の歴史の重さがひしひしと伝わってくる今回のクルーズレポート。
    でもね、ぐらんぱの締めくくりのひと言が一番素敵。
    「今日も一日が安全で幸せだった」
    こんな毎日が、この先何千年も続きますように・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ  私の記憶からすっかり消えて、詳しいお話しができないけれど….「自分が彫った“彫刻の女性”に恋をして、諦めきれず“奥さん”にしてしまう」という物語 ? …ミイラを納めた厨子を護るイシス女神・そして内蔵を納めた櫃(ひつ)の蓋の4体の胸像など….それらをじーッとみつめていると、始めにお話しした“物語”の中に引きずり込まれるような…そんな不思議な魅力というか、魔力みたいなものを感じたものです。お暇をみて、もういちど見つめ直してみませんか…。

  2. のコメント:

    ツタンカーメンを、初めて知ったのは、40数年前
    父が、何かの画報を、見ながら私に色々と
    説明してくれた事を思い出しました。
    当時の私は全く興味がなく、黄金のマスクが
    綺麗だな—-と思った位のものでした。
    どの像の形も、服飾品の色も本当に美しいですね。
    この先何世紀経っても、同じであれば良いですね。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ  ファラオの栄光と財力を物語る12万点を超える遺産のコレクション…その膨大な興味深い展示ではあったが、中には説明書きすら無く、粗末な木製の棚にただ並べてあるだけといった状況もあり、保存がこれで大丈夫なのか ?? …と、思ったものでした。和さんがおっしゃるように…限りなく遠い未来に残したい遺産ですね。

  3. traneshepp のコメント:

    遅い乗船ができるのは、良いですね。
    haewaiiの時は、乗船時間も早く夜走り始めるのも早いので、非常に落ち着かなかった記憶があります。

    • ぐらんぱ のコメント:

      traneshepp さんへ  blogを見て下さって、ありがとうございました。私たちも8月にそのクルーズを予定していて、参考になります。これからも、お気軽にお立ち寄り下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(7)

■エジプト・アレキサンドリア入港【第8日目】・(平成22年)2010.2月27日 … 続きを読む

カテゴリー: 海外旅行 | 4件のコメント

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(7) への4件のフィードバック

  1. のコメント:

    ウ--ン、凄過ぎてもうコメントの仕様がない。
    でも、ピラミッドを両手にぶら下げた、
    グランパの力? ウ--ン です。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ  そう ! …その写真を撮ってくれたのは、現地の5〜6歳の女の子。その子が私のカメラを取り上げて撮影してくれたんですが….カメラを持ち逃げされたら大変と、ストラップを掴んで必死の形相をしている家内が横に…そんな二人が、それぞれの国の言葉で「あーだこーだ」と私に向かって指示を出している…と言うよりも怒鳴っている。そんな光景が、あまりにも可笑しくて…プッとふきだした瞬間があの写真です。

  2. layla のコメント:

    とうとうエジプトに到着だね。
    やっぱ、すごいな~っ。写真見ただけで4500年前の神秘がそのまんま感じ取れるね。
    しっかし、あんな重たい石をどうやって上にのっけたんだろうね。
    地下鉄はどうやって地下に入れたかってくらい不思議・・・。(比べもんになんないって)
    でも、そんなピラミッドも、ぐらんぱとぐらんまにかかれば一つまみ、
    まるで軒下で揺れる風鈴みたいにさ。
    ってことは、ぐらんぱたちはクフ王よりも偉大ってことだ。
    では、レイラは横に伏せてスフィンクスを務めましょう・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ  こんなふざけた撮影がなされるとは、5,000年前の偉大な王といえども、予測は出来なかったでしょうね。本来なら、敬虔な祈りを捧げるべき構造物なのに、大変失礼しました。伏してお詫びを申し上げますとともに….こうした数奇なショットを撮ってくれた現地の女の子に「カメラを持ち逃げされるかも?」と疑ったりしたこと…いまは「ごめんねッ ! 」 ….と、そう申し上げたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(7) への4件のフィードバック

  1. のコメント:

    ウ--ン、凄過ぎてもうコメントの仕様がない。
    でも、ピラミッドを両手にぶら下げた、
    グランパの力? ウ--ン です。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ  そう ! …その写真を撮ってくれたのは、現地の5〜6歳の女の子。その子が私のカメラを取り上げて撮影してくれたんですが….カメラを持ち逃げされたら大変と、ストラップを掴んで必死の形相をしている家内が横に…そんな二人が、それぞれの国の言葉で「あーだこーだ」と私に向かって指示を出している…と言うよりも怒鳴っている。そんな光景が、あまりにも可笑しくて…プッとふきだした瞬間があの写真です。

  2. layla のコメント:

    とうとうエジプトに到着だね。
    やっぱ、すごいな~っ。写真見ただけで4500年前の神秘がそのまんま感じ取れるね。
    しっかし、あんな重たい石をどうやって上にのっけたんだろうね。
    地下鉄はどうやって地下に入れたかってくらい不思議・・・。(比べもんになんないって)
    でも、そんなピラミッドも、ぐらんぱとぐらんまにかかれば一つまみ、
    まるで軒下で揺れる風鈴みたいにさ。
    ってことは、ぐらんぱたちはクフ王よりも偉大ってことだ。
    では、レイラは横に伏せてスフィンクスを務めましょう・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ  こんなふざけた撮影がなされるとは、5,000年前の偉大な王といえども、予測は出来なかったでしょうね。本来なら、敬虔な祈りを捧げるべき構造物なのに、大変失礼しました。伏してお詫びを申し上げますとともに….こうした数奇なショットを撮ってくれた現地の女の子に「カメラを持ち逃げされるかも?」と疑ったりしたこと…いまは「ごめんねッ ! 」 ….と、そう申し上げたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(6)

■ギリシャ・ロードス入港【第7日目】・(平成22年)2010.2月26日  【ロ … 続きを読む

カテゴリー: 海外旅行 | 4件のコメント

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(6) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    レイラ、今回も海と空の青さにため息がでちゃった、こんなにきれいなところがあるだな~って。
    一方、花より団子のパパは、Tボーンステーキのことが気になって、どのくらい大きいんだろう、はたしてその味は?なんてことばかり・・・、やんなっちゃうよね。
    でも確かに、食べたり、飲んだり、見たり、聞いたりってホント楽しいよね。
    旅って、それが丸ごと味わえちゃうからステキ!
    そしていろんなことを感じさせてくれる。
    真っ青の海に船が残した白い波の鎖が、なんだかぐらんぱたちが歩んできた人生を描いているようにレイラには見えたんだ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ
      写真を楽しんで戴いているご様子に、感謝・感謝……です。 で、気になる「Tボーンステーキ」ですが….骨の重さも含めて、本場のものは1㎏を越えるとも聞きます。私たちの目の前に置かれたそれは、食べ残した量から推定するに、800㌘ほどはあったと思います。少し歯ごたえがある肉でしたが、ヒレ肉とロース肉を同時に食べられると言う「Tボーンステーキ」…肉がお好きな方にはたまらない物でしょうね。その内に、ご賞味あれ。

  2. のコメント:

    エーゲ海と言えば、音楽や映画から受ける
    淡い感傷的な印象しかありませんでしたが
    グランパの腕とあいまって、切ない程に美しい。
    そうした素晴らしさを、目で観、肌で感じる
    それが旅の醍醐味でしょうね。
    あ—タメ息が出ます。胸キュンです。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      まるで映画が上映されているかのように、観て下さっているんですね…..和さんのコメントからは、そのテーマ曲が聞こえてきそうです。いま私のblogには、貴方を含めて284名の皆さんが、2,221回の閲覧をしてくれています。私も….ため息と胸キュンで〜す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(6) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    レイラ、今回も海と空の青さにため息がでちゃった、こんなにきれいなところがあるだな~って。
    一方、花より団子のパパは、Tボーンステーキのことが気になって、どのくらい大きいんだろう、はたしてその味は?なんてことばかり・・・、やんなっちゃうよね。
    でも確かに、食べたり、飲んだり、見たり、聞いたりってホント楽しいよね。
    旅って、それが丸ごと味わえちゃうからステキ!
    そしていろんなことを感じさせてくれる。
    真っ青の海に船が残した白い波の鎖が、なんだかぐらんぱたちが歩んできた人生を描いているようにレイラには見えたんだ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ
      写真を楽しんで戴いているご様子に、感謝・感謝……です。 で、気になる「Tボーンステーキ」ですが….骨の重さも含めて、本場のものは1㎏を越えるとも聞きます。私たちの目の前に置かれたそれは、食べ残した量から推定するに、800㌘ほどはあったと思います。少し歯ごたえがある肉でしたが、ヒレ肉とロース肉を同時に食べられると言う「Tボーンステーキ」…肉がお好きな方にはたまらない物でしょうね。その内に、ご賞味あれ。

  2. のコメント:

    エーゲ海と言えば、音楽や映画から受ける
    淡い感傷的な印象しかありませんでしたが
    グランパの腕とあいまって、切ない程に美しい。
    そうした素晴らしさを、目で観、肌で感じる
    それが旅の醍醐味でしょうね。
    あ—タメ息が出ます。胸キュンです。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      まるで映画が上映されているかのように、観て下さっているんですね…..和さんのコメントからは、そのテーマ曲が聞こえてきそうです。いま私のblogには、貴方を含めて284名の皆さんが、2,221回の閲覧をしてくれています。私も….ため息と胸キュンで〜す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(5)

■ギリシャ・ピレウスに入港【第6日目】・(平成22年)2010.2月25日 【ア … 続きを読む

カテゴリー: 海外旅行 | 8件のコメント

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(5) への8件のフィードバック

  1. 吉田 尭 のコメント:

    素晴らしい「旅」を満喫されました。
    私ども夫婦、家内は昭和17年生まれ、私は8歳年上と離れております。
    一人娘は嫁ぎ、今では老夫婦の二人暮らしとなりました。
    此れからも、どうぞ宜しくお願いします。

    • ぐらんぱ のコメント:

      吉田 尭さんへ
      はじめまして。blogを見て下さって…ありがとうございます。私どもとほぼ同世代で、旅行や写真を楽しんでおられる方々との交流ができないものかと、思い切ってblogを開設した次第です。私たち夫婦は、二人でやっと一人前です。ですから、家内ともども、どうぞ宜しくお願いします。

  2. layla のコメント:

    うひょ~っ!港の青がまぶしーい。
    そして写真はどれも「どうだ、ギリシャだ!」って感じのものばかり。パルテノン神殿や彫刻の数々、写ってるものは教科書や百科事典で見たことがある、ところがそれが「ホンモノ」ときたもんだ。
    中央が少しふくらんでる「エンタシス」の様式が日本の建築にも用いられたってこと、パパも学校で習ったって言ってる。ホンモノが見れてほんとにうらやましいなあ。
    そして、やっぱり観光のあとは「消毒液」の代表選手・ワインで締めくくりなんだね。
    琥珀色のワインなんておっしゃれ~っ。
    最近、レイラのママもワインにはまってて、ボルドーだブリュゴーニュだなんて言ってる。
    あんまり飲み過ぎちゃうとお腹が膨れてエンタシスになっちゃう、気をつけてよっ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ
      下手で、いつも失敗ばかり…なのに、何故か「逆光撮影」が大好きな私です。首都アテネに近い「ピレウス」への入港のこの朝は、眩しい朝陽がいっぱいでした。その光に魅せられ、カメラを太陽に向けての賭け勝負…そのワンショットを目にとめて下さったようですね。….ありがとうございました ! 。

  3. のコメント:

    2500年以上も前に創られた守護神アテナに捧げられパルテノン神殿
    人間の知恵と力、そしてその建築の指導者?(って言うのか)
    計り知れないものがありますね。

    8日はお世話になります。ワインで・・・・・

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      その神殿の1本の柱は、10〜11個の円柱を、達磨落としのように積み重ねてあります。その1個の重さはなんと5〜10トンもあるそうです。….そしてその継ぎ目は、見ても分からないほどピッタリです。神殿を目の当たりにすると….和さんが感じておられるように、声にもなりませんでした。

  4. Rocky のコメント:

     ギリシャですか~。今、目を閉じて想像しています。地中海のなかでもイタリアと海を挟んで横にあるところが?ギリシャ?(ううう、解らないっ!)そして、下にあるのが「クレタ島」でしたか?
    ギリシャは、日本の約3/1の広さで?、海岸線が長い国?あ~あ~いいなぁ~。たまに目を開けて(5)のピクチャーを見ています。 よ~し!地中海クルーズの旅行に行ってきたと言ってやれ!! 僕も早く帰って「消毒液」だーッ!  ???でごめんなさいm(__)m & orz

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんへ
      楽しんで貰っているご様子….大変嬉しいです。….が、この「旅」は、まだまだ8月頃までの、なが〜いお付き合いをして戴くことになりそうです。 ですから、あまり興奮して、「消毒液」の服用が限度を超えないように、お身体にご注意して下さ〜い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(5) への8件のフィードバック

  1. 吉田 尭 のコメント:

    素晴らしい「旅」を満喫されました。
    私ども夫婦、家内は昭和17年生まれ、私は8歳年上と離れております。
    一人娘は嫁ぎ、今では老夫婦の二人暮らしとなりました。
    此れからも、どうぞ宜しくお願いします。

    • ぐらんぱ のコメント:

      吉田 尭さんへ
      はじめまして。blogを見て下さって…ありがとうございます。私どもとほぼ同世代で、旅行や写真を楽しんでおられる方々との交流ができないものかと、思い切ってblogを開設した次第です。私たち夫婦は、二人でやっと一人前です。ですから、家内ともども、どうぞ宜しくお願いします。

  2. layla のコメント:

    うひょ~っ!港の青がまぶしーい。
    そして写真はどれも「どうだ、ギリシャだ!」って感じのものばかり。パルテノン神殿や彫刻の数々、写ってるものは教科書や百科事典で見たことがある、ところがそれが「ホンモノ」ときたもんだ。
    中央が少しふくらんでる「エンタシス」の様式が日本の建築にも用いられたってこと、パパも学校で習ったって言ってる。ホンモノが見れてほんとにうらやましいなあ。
    そして、やっぱり観光のあとは「消毒液」の代表選手・ワインで締めくくりなんだね。
    琥珀色のワインなんておっしゃれ~っ。
    最近、レイラのママもワインにはまってて、ボルドーだブリュゴーニュだなんて言ってる。
    あんまり飲み過ぎちゃうとお腹が膨れてエンタシスになっちゃう、気をつけてよっ!

    • ぐらんぱ のコメント:

      layla と ママ&ぱぱへ
      下手で、いつも失敗ばかり…なのに、何故か「逆光撮影」が大好きな私です。首都アテネに近い「ピレウス」への入港のこの朝は、眩しい朝陽がいっぱいでした。その光に魅せられ、カメラを太陽に向けての賭け勝負…そのワンショットを目にとめて下さったようですね。….ありがとうございました ! 。

  3. のコメント:

    2500年以上も前に創られた守護神アテナに捧げられパルテノン神殿
    人間の知恵と力、そしてその建築の指導者?(って言うのか)
    計り知れないものがありますね。

    8日はお世話になります。ワインで・・・・・

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      その神殿の1本の柱は、10〜11個の円柱を、達磨落としのように積み重ねてあります。その1個の重さはなんと5〜10トンもあるそうです。….そしてその継ぎ目は、見ても分からないほどピッタリです。神殿を目の当たりにすると….和さんが感じておられるように、声にもなりませんでした。

  4. Rocky のコメント:

     ギリシャですか~。今、目を閉じて想像しています。地中海のなかでもイタリアと海を挟んで横にあるところが?ギリシャ?(ううう、解らないっ!)そして、下にあるのが「クレタ島」でしたか?
    ギリシャは、日本の約3/1の広さで?、海岸線が長い国?あ~あ~いいなぁ~。たまに目を開けて(5)のピクチャーを見ています。 よ~し!地中海クルーズの旅行に行ってきたと言ってやれ!! 僕も早く帰って「消毒液」だーッ!  ???でごめんなさいm(__)m & orz

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんへ
      楽しんで貰っているご様子….大変嬉しいです。….が、この「旅」は、まだまだ8月頃までの、なが〜いお付き合いをして戴くことになりそうです。 ですから、あまり興奮して、「消毒液」の服用が限度を超えないように、お身体にご注意して下さ〜い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です