2011 ハワイ・ロングステイ(20)

image_pdfimage_print

第20話 「ナ・パリ・コーストは「秘境」まさに圧巻で〜す !!

     ハワイ4島クルージング「7日目」
        クルーズ観光・「ナ・パリ・コースト」
Aloha〜 !!
 寄港地観光を予定していない私たちは、いつもよりゆっくりの朝6時半に起床。お天気はまた、気持の良い晴です。今日は、明日の下船のための、荷物の纏め作業が出来ればそれで良いとして、終日船の中で過ごすことになる。 am 7 時半頃、スカイライン・レストランに入る。そこで欲深い私の注文は、サニーサイドアップとハムのオムレツ・さらに、目玉焼きが載ったパン・そして、トロピカルな果物のデザートなど … 朝からもの凄いボリュームとなった。 家内のそれは、写真のように、ダイエットな盛りつけとなっています。 出された料理は、まあまあ美味しい ! … ゆったりと流れる時間の中、こんなにリラックスして朝食を戴いたのは、今回のクルーズで今朝が初めて。
 
その後、船内のショップで、孫たちへのお土産を少し買い求めてキャビンに戻った。 そして今、八時半を過ぎたところ … 下船のための、身の回りの物をスーツケースに詰める作業に取り掛かった。 こうした作業を始めると … 地中海・エーゲ海のクルーズでのその時を想い出す。あの時は船が大きく揺れる中での荷造り … それは大変だった。
 今、船は停泊していて、まったく揺れていない。なのでその作業も軽快に進み、午前10時過ぎころには纏め終えた。
 そこで、お茶にでもしようと、5階のラウンジに行き、フロートを注文し、ブルーベリーのカップケーキを頼む。そこで暫くの間、日誌をつけたりして過ごす。窓の外には、寄港地観光に繰り出す乗客たちが、思い思いのバスに乗り込んで出掛けて行くのが見える。
 私たちは、終日船にとどまって、明日の下船の準備をしたい … そんな思いでいるのであって、決してこの「カウアイ島」に魅力がないわけではないことを書いておきたいのです。

「カウアイ島」は、島全体の美しさと、野外活動に最適な島として一番の人気があるそうです。なのでか、この島には一日半の停泊をしている。そして船のツアーデスクである「ショアーエクスカーションデスク」には、この島の、数え切れないほどのツアーが案内されています。
  ……. この島は初めてと言う方のために、その幾つかをご紹介しておきますね。

 まず、その①は「ナ・パリ・コースト」ですね。 私たちは、この船から観ることなりましたが、ヘリコプター・ツアーもお薦めだそうですよ。 次に②は「ハナレイ」です ノースショアを代表するのどかでゆったりとした街で、カウアイ島最大の人気のビーチがあるんですッて !! 。 そして③は大型リゾート「プリンスヴィル
 ④はかつて王族の結婚式が行われていたと言う神聖な場所「シダの洞窟」 ⑤はこの島の玄関口と言われる街「リフエ」 ⑥は人気のリゾートで屈指の美しいビーチ「ポイプ・エリア」 そして⑦はキャプテン・クックが最初に上陸した街「ハナペペ〜ワイメア・タウン」があります。 
最後に⑧は前回「第19話」でお話しした「ワイメア・キャニオン」などなど、この島は魅力がいっぱいですよ !! 。 … どうぞご参考にして下さ〜い。

  ここで、ちょっと余談ですが …
「私の生涯の宝物 … それは写真なのです」 …  こうして、このブログでも観て戴いている芸術性も報道性も何もない写真たちばかりですが … 人それぞれにとっては「記念する写真」であることには違いありません。 それに、ただかつての「昔」を懐かしむためにだけ写真があるのではないと思っています。 写真を見つめていると … その時と、見つめている今と、その間に流れた時間の大切さや・重さなどを教えられたり、また、これからのことをあれこれと想いめぐらしたりと … 何気なく撮った「写真」が、何時しか代えがたい「宝物」となっているのに気付くのです
 なので、カメラだけは何時もバッグに忍ばせて、何処へ行くにも持ち歩いているんです。 そう … 私にとって写真は、メモでもあり、生涯の宝物なのです
 「写真は撮らないと言う皆さん … 始めてみては如何ですか !! 」 さて、話しを戻して … 明日の下船の準備も大方整ったとして、最後となる「船内探検」をしたんですね。すると、プールサイドやオープン・デッキでは、欧米の方がたくさん日光浴しています。 こればかりは私たちに、真似が出来ないヴァカンスの過ごし方 … そうゆう光景を横目に、少し早めの昼食をとろうと11時38分・デッキ11階のアロハカフェに入る。さて、お昼は何を食べようか ?? … と探すが、なかなか食べたい物が見つからない。そんな思いで探し回っていると、肉のカレー風煮込みが目にとまったそうだ !! … ライスと盛り合わせれば「ビーフ・シチュー」になるよね !! … こうしてメニューが決まった。そして食べてみると …実に 美味い !! … 満足の昼食となった。 船は最後の航海へと、午後1時半頃にカウアイ島を出航した。そしてpm2時半から、日本人向けの下船説明会が開かれると言うので参加することした。


 夕刻の5時15分・船は「ナ・パリ・コースト」近づいて行く。 この「ナパリの絶景を見ずしてカウアイ島から帰ることはできませんよッ … 」と、誰かが言ってた。 そそり立つ山々が迫る絶景の海岸線・「ナ・パリ・コースト」である。 カウアイ島の北側に位置していて、ナパリとはハワイ語で断崖のことを言うそうだ
 その言葉通り、長い年月をかけ、雨、風、海水に浸食されて生まれた地形で、標高1000m級の山々はカミソリの刃のような稜線を持ち、切り立った茶褐色の崖の間から流れ落ちる滝が、この島の降水量の多さを物語っています。 このナ・パリ・コースト」は、カウアイ島の北のケエ・ビーチから、西のポリハレ・ビーチまで標高約1,000㍍・約21kmに渡り続く断崖絶壁で、まさに圧巻です !! 。「秘境」と呼ぶにふさわしい見事な景観が連なっている。 特に、私たちのように船からの「ナ・パリ」の眺めは素晴らしく、ハイキングなどでは見られないそうだ。


 カウアイ島は、ハワイ諸島の中でも最も古い島で、大自然が創ったここだけの独特の景観が数多くあるそうで、こうした光景を堪能するもう一つの方法は、空からのヘリコプター・ツアーである。 これなら、カウアイ島全体の起伏に富んだ景観を観ることも出来るでしょう。 飛べなかった私たち … 帰ってから反省しきりでした。 デッキから暫く観ていた私たちは、この景観を船室からも眺めてみようと、キャビンに戻った。 すると、このキャビンからの眺めはまた、貸切り状態で良い。 こうして、日中の明るいうちに航海が始まるのは、今回のクルーズでは今日が初めてである。風も弱く、暖かい潮風に吹かれ・海面の波も静かだ …
 天候に恵まれ、長く連なる絶景を眺めることが出来て、ハワイの別な顔を堪能したものです。 この後、船は、カウアイ島から離れ、一路ハワイ島・ワイキキを目指して、最後の航海をして行く。明日の早朝には、ホノルルに入港の予定で、7泊8日のクルージングは終わりとなる。
 さて今夜は、この船に乗り合わせた日本人・3 組 6名がご一緒して、最後のディナーをフランス料理で楽しむことにしているんです … 。

ではまた…Mahalo〜 !!

カテゴリー: 海外旅行 パーマリンク

2011 ハワイ・ロングステイ(20) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    おはよう!!今回もキレイな写真満載のレポート、楽しませていただきました。

    ぐらんぱの言うとおり、写真は宝物だね。
    何気に撮った1枚の写真。
    眺めていると、あの時のことが今起きてることみたいに、鮮明によみがえってくる。
    頬にあたる風や、匂い、音まで一緒に運んで。
    まさにあの時、自分たちはそこに居たんだ・・・。
    自分ですら置き場所を忘れてしまってた記憶を、
    なんで、引っぱり出してくることができるんだろう、写真ってさ。

    写真の隅に映ってる見知らぬ人たち。
    そのうちの一人が、今どこかで同じ日付の写真を見ながら、笑ってるかもしれない。
    あの時の空気を吸いながら・・・。
    そう思うと、なんだか嬉しくなっちゃう。
    やっぱ、宝物だわ、写真って。

    ねえ、ぐらんぱ。
    レイラのこのコメント、いつどこで見てんの?
    その場所、しっかり写真に収めといてね。
    風や香りも一緒にさ・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      Aloha〜 !!
      そう !! … 私の浅学な写真への思いを、判って戴いてありがとう !!  あの東日本大震災で、がれきの中から、必死に写真を探していらっしゃる被災者の方々のことを知ったとき「写真の大切さ」を痛烈に思い知らされたものです。「無くして初めて知る、いつもあるのが当たり前のことの大切さ」 … 身近なこととして「健康」もそうでしょう ?  また、あなたの傍にいる人たち … これらを無くすと「一大事」ですよね。
      いま、サイゴン川のリバーサイドホテル・「レジェンド・ホテル・サイゴン」の部屋からお返事書いていま〜す。「風や香りも一緒に撮ってきてね !! 」とのご期待に応えられるかは ??? … ですが、プルメリアにブーゲンビリアがいっぱい咲いていま〜す。それに「アオザイ」がそよ風になびいていて綺麗ですよ !!  それらの写真をまた、観て貰いますね。 私はねッ!! … 「写真は瞬間の、しかも偶然の芸術」だと思うことにしていて、私の写真術の無さを良しとしいるんです。 これから「メコン川クルーズ」に向かいま〜す。
      ではまたね…Mahalo〜 !!

  2. Rocky のコメント:

     近頃、写真で一番印象に残っているのが、東日本大震災のがれきの前で、トランペットを吹いていた女子高校生の写真です。この写真が朝日新聞に記載されました。そして、あるコンサートで演奏を依頼されたそうです、アンコールもさせたそうです。その曲は「ZADOの負けないで」。お母さんとおばあちゃんからプレゼントされたトランペットなんです。お二人とも大震災で・・・・・・
    「ぐらんば」の言われるように、人の心も動かす事ができる写真ってすごいんですね。ハワイからの写真、気持ちも豊かに癒されています。感謝、感謝。
     温泉なんですが、二人とも風邪をこじらせてドタキャンでした。仕切りなおしで5月6日に行ってきます。
     

    • ぐらんぱ のコメント:

      Aloha〜 !!
      「トランペットを吹いていた女子高校生」のお話し … 知りませんでした。 Rockyさんのコメントに感動・そして「うるるん」… 教えて戴いてありがとう !!  ところで、旅先のほとんどは、初めての処ですよね … その観光時に見えなかった「もの」が、写真を通して新発見することって、意外と多いと思いませんか ?  特にクローズアップして撮った写真からは、肉眼を越えたレンズの描写力で、いくら目をこらしても見えなかった「リアルな質感」などが見えてきたりします。 写真の良さは、こんなところにもありますよね。 Rockyさんにも、写真のことで共感して戴き、とても嬉しいで〜す !!  さて、風邪 … 治りましたか ?  寒暖の差が大きい季節の移り目・お身体お気をつけ下さい。 仕切り直しのドライブ旅行 … いいじゃないですか、楽しみは先に延ばしても … その時はまたご報告お待ちしていま〜す。… お姫さまによろしく。
      ではまた … Mahalo〜 !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です