台湾周遊4・2011(1)

image_pdfimage_print

2011年(H23)3月7日(月曜日)・10数年振り、2度目の台湾旅行へ出る朝・3時30分に目覚ましをセットしておいた。朝食は空港でとることにして、温かいお茶を飲んで身支度を始める。 旅行中は何時も、出発時間に対して2時間前の起床を心掛けている。そうすると、あわてる様なことは、ほとんど起こらない。なので、ちょっと贅沢にも似たゆとりある気分になれるから嬉しい。
am5時25分、予約しておいたタクシーに乗り込み家を出る。街の建物には、そのほとんどにまだ灯りがともっていない。早朝のバスセンターには…眠そうに目を閉じてバスを待つ人々。 高速バスで6時に出発して福岡国際空港へ向かう。高速バスの運行速度は、マイカー並に速い。6時30分頃になると空は「しののめ色」に変化し、昨日までの雨は上がって霧が深く立ちこめている。車窓の景色はまるで墨絵のようだ。

福岡国際空港には7時40分予定時刻に到着した。 直ぐにレストランで朝食を済ませ、ツアーカウンタで手続きをする。
搭乗時間が近づきゲートに並んでいると、中年の黒人男性が話しかけてきた。 スリランカの人で、日本語が上手。 10日ほど日本に滞在して、スリランカへの観光誘致をしてきたとのこと….私達にも是非来てほしいとパンフをくれた。 その男性と一緒に9時45分、機内へ乗り込んだ。

10時15分、機体はエプロンを離れ、10時30分にテイクオフする。離陸からおよそ30分後、機内食が配られた。機内食はチキンとビーフの2種類…贅沢を言うようだがお世辞にも美味しいとは言えない。ワインを貰って流し込んだ。
福岡から台北まではおよそ3時間弱のフライトと聞いていたが、予定より15分ほど早い、現地時刻11時50分に台北空港に着陸した。
空港は濃いガス?…青空は全く見えない…スモッグ ? 。外気温はなんと13℃…肌寒い。 この空港で、ツアー客7名が集まった。 最終的には19名の団体となるそうだ。高速道路を使ってバスで移動し、最初に「忠烈祠」に案内された。バスを降り立ったところは、忠烈祠の大門の前で、警備に2人の衛兵が立っていた。

この忠烈祠の大門の奥に建つ大殿には、辛亥革命(1911年)を始めとする一連の革命・戦争で亡くなった志士・軍人や革命家のほか、著名な政治家・国家に貢献した人々、約33万人の英霊が祀られているそうだ。
台湾の歴史は、革命と戦いの歴史とも言われている。 1911年、清朝打倒をスローガンに辛亥革命が勃発。この革命の精神的な指導者となったのが、台湾の国父と呼ばれる「孫文」である。 革命は成功を収め、1912年に「中華民国」が成立した。この時の様子を描いたレリーフが、対日交戦のレリーフと向き合う形で山門の壁に掲げられていた。

1969年に竣工された忠烈祠は、手前から大門、そして中央広場・左右に鐘楼と鼓楼その奥に山門大殿などで構成されていた。 大殿や鐘楼は、中国の宮殿様式を採用しているそうで、赤い柱と豪華絢爛な彫刻が凄い。 北京の紫禁城がモデルとなっているそうで、この大殿の入口にも2人の衛兵が警備に立っていた。

午後2時から衛兵交代式を見る。 大門の奥の宿舎らしきところから、軍靴の音が聞こえて来る。軍靴には仕掛けがしてあるとのことだが、高く上げた足で地面を叩くように踏みしめる度に、ガチャン・ガチャンという金属的な音だけが、静かな空間に響きわたる。5人の隊列を組んだ兵士達が、大門から大殿に向かって行進して行く。びしっと制服を着込んだ儀仗兵が、銃を肩に、一糸乱れぬ様子で行進してゆく、その真剣な表情には圧倒される。 大殿に到着した儀仗兵隊は、任務に当たっていた衛兵2名と合流し、殿内に向かって敬礼をする。次に、銃を交換したり、バトンのように回す一連の儀式を終えた後に、次の担当衛兵2名を残し、大門へと引き返す。重そうな銃を軽々と高く投げたり、素早くお互いに投げ渡したりする技術は、息がぴったり合ってお見事である。
こうして、衛兵交代式は終わるが、この衛兵たちは、陸・海・空軍から選ばれた兵
私達が見学した交代式には、陸軍の兵士たちが任務についていた。いずれの衛兵たちも、各軍から選抜されたエリートだそうだ。
忠烈祠を後にして松山空港に向かう。そして、このローカルの空港から花蓮空港へと飛び立つことになった。
プロペラ飛行機である。15:00丁度にエプロンを離れ、かなりなスピードで滑走路に向かった。そして、滑走路のスタートラインに入るなり動きを止めることなく、プロペラの回転がひときわ高まり「ぷんー」という音とともに機体がふわりと浮いた。
まさに飛んでいると言った感触である。 高度を上げたかと思うと直ぐに、飲み物が配られた。 お茶のパックだ…飲むと香り高く甘くて美味しい紅茶である。
そうしているうちに、機体は高度を下げて、着陸態勢に入った。 15:35に花蓮空港に着陸した。
この空港から、今回のツアーの全員19人が揃った。 バスで今晩の宿泊ホテルへと向かう。ホテル到着後チェックインを済ませ、暫く部屋でゆっくりしたのち、17:00にロビーに集合。夕食を前に、アミ族の伝統的踊りを見に行くことになった。約1時間のショーを観賞をしてホテルに戻り、広東料理での夕食となった。

夕食では、周りの皆さんのほとんどがお飲みになると言うので、慣れない「紹興酒」だったが、私も少し恐る恐る飲んでみることにした。 若いころ、日本の中華料理店でこの紹興酒を飲み悪酔いをし、ずいぶん辛い思いをした記憶がしっかりとあるからであった。それ以来こりごりしていた紹興酒….だが、今晩のこの10年もの熟成された紹興酒は美味しい。
この紹興酒が450元(ボトル)で、ワインが200元(グラス)とお酒は高くない。 初対面のツアー仲間とも、熱燗の紹興酒の力をかりてすぐに和み、長い時間、夕食を楽しむことが出来た。

暖かい台湾を期待して来たが、異常気象だそうで夜は寒い。宿泊はパークビューホテル….大きくて内部も綺麗。部屋も広く気持ちがいい….が、暖房機がない。なので追加の毛布を運んで貰って休んだ。

カテゴリー: 旅と写真のわすれな草 , 海外旅行 パーマリンク

台湾周遊4・2011(1) への2件のフィードバック

  1. Cafe SLOWHAND のコメント:

    レイラで~す!
    ぐらんぱ、台湾に行ってきたんだね。
    写真付きで詳しく解説してあって、レイラももう一緒に行った気分になっちゃったよ。
    遅ればせながら、レイラのパパとママは、ぐらんぱの皿うどん話に唾が止まらなくなって、きょう長崎まで江山楼の皿うどんを食べに行ってきたみたい。もちろんレイラを留守番させて・・・。
    行きたかった珈琲豆屋さんやなじみのカフェにも寄ってきたみたい。
    あんまり刺激しないで~っ、今度は台湾に行こうって気になりそうな二人だからさ。
    そうなるとレイラ、なが~い留守番になっちゃうよ~っ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      レイラへ
      何時もじっくり見てくれて、嬉しいけれど….皿うどんの話、パパとママには少しくど過ぎたかしらね?。…ところで…お口に合ったか?  聞いててね。
      次のblog記事も「台湾周遊4」の第2弾….いま少し続くけれど、弱い刺激なので、レイラが淋しい想いをするようなことにはならないと思うよ。
      桜も咲いたし、暖かい本当の春はもうそこ….元気でね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です