2013富士山周遊ドライブ10「第6話」

image_pdfimage_print

第6日目(11/9・土)
「甲州夢小路」「奈良井宿」を経由して「善光寺」へ

この湯けむり富士の宿・大池ホテルのお風呂には、昨夕入った5階の展望風呂の他に、1階には庭園風呂があるらしい。5時半に起床して、そのお風呂に出掛けてみた。
私の他には、誰も入ってはいません …やったー !! 上がり終えるまで貸し切りでした 外気温は恐らく2〜3℃と思われるが、風もなく、それほど寒くは感じません。
このお風呂からは、遠くの景色が見渡せないが、どうやら朝霧がでている様子である。
ゆったり独り占めすることが出来た庭園風呂は、満点の朝湯でした。
そして、七時から、レストランでの朝食となりました。 嬉しい、ビュッフェ・スタイルの朝食です…お刺身があります。
こうなると、なお一層に、ご飯が進み過ぎて困るんです。 今日も元気…朝ご飯が美味しいで〜す。

さて、今日のドライブは、「甲府駅」そばの「甲州夢小路」を経由して「奈良井宿」に立寄り、あの牛に引かれて信州信濃の「善光寺」へと向かいます。 八時半ころ、チェックアウトをしてホテルを後にしました。
まずは、甲府駅を目指して、今日のドライブが始まりました
今朝の河口湖からは、朝霧がかかっていて富士山が観えません。

少し走って、登山路に差し掛かりました。そこに富士見橋と言うのがありました。
そこでは、数人の人たちが、カメラの三脚を立てて、富士山の撮影をしていました。 この橋の手前に、展望デッキが造られていました。
小休憩がてらに、私たちも車を停めて、暫くの間、富士山を拝みました。
裾野には、雲海が広がる富士山が、しっかりと観えています ここからの富士山の姿も、なかなかにいいものでしたよ。

甲府駅へ向かって走っている途中で、少し長いトンネルを抜けました。
するといきなり、紅葉が眩しい景色が飛びこんできます。

私たちが住んでいる地方の紅葉とは、また、規模や彩りがまるで異なります。 8時50分・四日市の石和(いさわ)温泉がある町に入りました。
遠くに「雪を被った南アルプスが見えています。…. 9時15分・甲府駅に着きました。

休憩がてらに立寄りましたここは、山梨の伝統工芸品を扱うショップや、県産の食材を使ったレストラン、美術館などが集まった商業施設の「甲州夢小路」です。
2013年の3月・JR甲府駅北口に、新たな観光スポットとしてオープンしたものです。
 この甲州夢小路は、古民家を移築したり、蔵や倉庫、石畳など、昔ながらの建築様式を取り入れ、明治・大正・昭和初期の、甲府城下町を再現したとのことです
江戸時代の甲州は、徳川幕府直軸の天領であったそうで、幕府のお役人や旗本などが住んで、洒落た小江戸文化が栄えていたそうです。 お店の開店は 10時で、まだその準備中でした。
レトロな雰囲気の路地を、そぞろ歩くのは楽しいものです。


 お店の看板がとてもお洒落です。
 この街には、宣伝の旗が立てられていません ….. ヨーロッパ的で良いですね。


 駅前の公園には、甲府城の、山手門が復元されています。
立派な御門は、武器の倉庫としての役割も果たしていたそうです。 休憩がてらに立ち寄った甲州夢小路駅前広場でした。
09:45・ここを後にして → 次に「奈良井宿」を目指して走り始めました

甲府昭和ICを10時に降りて、そのおよそ5分後、双葉SAに入り小休憩とりました。   今日は土曜日・このSAの広い店内は、沢山の人で賑わっています。
暫く休んだ後、ここを10時半頃に出発です。
土曜日の高速道路、バイクのツーリングが、私たちの車を追い越して行きます。
いま、「諏訪南」を通過・気温11℃・標高は1051メートルと高い処を走っています

奈良井宿」に向かうには「塩尻IC」で降りる必要がありました。
…ところが、ナビの音声案内が、細かい分岐で、いま少し親切ではありません。
それでつい、高速を降りるタイミングを外してしまったのです。
仕方なく、次のインターの塩尻北まで走り、引き返すことになりました。
その為に、おおよそ、30分のロスが出てしまいました。…やれやれ。

塩尻北を11:22に降り、そこからは、延々と畑の真ん中の一本道をひた走ります。
11:26・奈良井川橋を渡ります。気温は11℃・標高665メートルです

次に塩尻市に入ると、気温が9℃と下がりました。
この辺りは「ぶどうの里」・「ぶどう園」などの看板が立ち並んでいます。
奈良井宿」までの道は「南木曽路」です。
その両側の山の斜面は、花が咲いたように、紅葉しています。
 こんな紅葉は、かつて観たことがありません。
ちょうど良い季に来たんだな〜と思いましたね。
 こうして、紅葉の景色を楽しみながら、奈良井宿」 に着いたのは12:05でした


 およそ1キロメートルにわたって宿場町の軒が続いているそうです。 この宿の中ほどの「蕎麦屋」で昼食をとりました。
独特な形をした「五平もち」を戴きました。
 ゴマとみそで仕上げたみそだれの味は格別でしたね。
お腹を満たした後は奈良井宿」の見物です ここ奈良井宿は、日本最長の宿場町だそうで、中山道沿いに南北約1kmの長さがあると聞きました。 江戸時代、江戸と京の都を結ぶ重要な街道であった中山道。 
その中山道六九次のうち、木曽路には11もの宿駅が存ったそうです。

この宿場町は、木曽11宿ある中では、最も標高が高く、難所の鳥居峠を控えて、その昔、多くの旅人で栄えたそうです。
「奈良井千軒」と謳われていたそうですよ。
 今日は、この宿場町に、少し冷たい風が吹いています。奈良井宿は、江戸時代や明治時代の建築物が立ち並んでいて、往時の面影を色濃く残していると言われています。

 もう少し時間があれば、ゆっくりと散策しても、飽きない街道だと感じました。
そして紅葉にも出合えて、まぁ、いい季に訪れたと思ったものです。
この宿場町の通りを往復して、1:20頃に出ました。

そして今日の最終の目的地信濃の善光寺に向けて走ります。
13:50頃・松本長野道の塩尻インターに入りました。
手元の iPhone では、松本市は外気温15℃・標高は564メートルとなっています。

車は次に安曇野市に入りました。外気温14℃で・標高は489メートルです。
そして、2:40に長野インターを降りました。
こうして、15:05 →「善光寺」に到着です。

 土曜日ということもあるのでしょうが、全国的に有名なお寺さん…参拝者が多いです。 この「善光寺」は、どの宗派にも属していないそうで、そのために、昔から、身分や男女の違いに関わらず、お参りした者は、誰でも救ってくださるらしいのです。
そう言うことで、全国から多くの人が「善光寺」参りをしてきたと言う訳ですね。


 門前町を、一通り散策して、途中でお茶にしたんです。
お抹茶でのカフェタイムとなりました。 日没が近くなったpm 4:35・この善光寺を後にします。

そして、今晩の宿泊先「ホテルメトロポリタン長野に、日没と同時に到着です。
ここは、信州の玄関口 JR長野駅 の横に位置した、本格的なシティーホテルです。
 駅前には沢山のレストランがありました。長野市は人口38万人だそうですが、都会的に感じましたね。駅前のビルの10階に、居酒屋がありました。そこで早速夕食としたのです。
好みの料理を、注文して食べられる…居酒屋の良いところですね。
 ここ長野市は、奥深い山の中ですが、お刺身も美味しいです。
…お酒が進むにつれて、今日の長いドライブの疲れがとれて行きます。
 値段もリーズナブルで大満足。
食事を終えて、ホテルの部屋に戻ります…あとはバタンQ…。

 ご覧いただきましてありがとうございました。
…ではまた次回にお会いしましょう。

カテゴリー: 国内旅行 パーマリンク

2013富士山周遊ドライブ10「第6話」 への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    紅葉がきれい。
    ホント、いい季節に旅したんだね。
    九州の紅葉とは全く違った色合い、実に鮮やかだ。
    景色や町並みを見ていると、落ち着くね。
    外国の旅とは違った風景。
    風情・・・とでも言うのかな。

    ぐらんぱの旅日記を見ていると、
    どうしても旅に出たくなる。
    いつか、レイラたちのお店の経営が軌道に乗って、
    従業員にすべて任せて長い休暇がとれるようになったらさ、
    こんな旅に出てみたい。

    ねぇ、明日はどこへ向かう?
    宿はどんなところがいいかな?
    なんて、行き当たりばったりの気まぐれな旅。

    さあ、その日を夢見てがんばりましょ、レイラのお店。
    きょうは日曜日、
    気まぐれな旅の途中で寄ってくれるお客さまもいるかもね。
    そんな人たちを失望させないためにも、
    シッカリおいしいコーヒー、紅茶を淹れてこうね・・・パパ、ママ。

  2. ROCKY&お姫様 のコメント:

     富士山は、見る角度によって姿が変わるようですね。
    さすが、富士山です。

     紅葉がきれいな時期を選んでの旅!
    良いもんです。

     旅の中、レトロな町から、お侍が出てきそうな町など良いですね。
    「五平もち」いいですね。

     今、「つつじ」が満開な時期。
    せめて、明日、お姫様と「つつじ」をみにいってきま~す。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&パパへ
      せっかく、近くまで来ているのでと足を伸ばした善光寺 …そのお陰で、奇麗な秋を観ることができました。そんな山の中での、思いがけないお刺身が、なんとも美味しかったのを覚えています。レイラのパパもママも、いまは働き盛り…素晴らしい「旅」が出来る日が、何時かきっと、やってくると思いますよ。
      ではまたお会いしましょう !! … ありがとうございました。

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんとお姫さまへ
      おはようございます。何時もコメントを戴きありがとうございます。お姫様との「ツツジ見物」は、いかがでしたか?…私たちの旅先では、ツツジの見頃はもう少し後のようです。そのかわりに「芝桜」が満開で、とても奇麗でした。そのことは何時かまた、当家の「つぼね」から報告させます。
      ではまた見て下さいね !! … ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です