地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(1)

image_pdfimage_print

  昨年・2010年の早春、私たちには初めての船旅「地中海・エーゲ海クルーズ17」に出掛けた。地中海の太陽の下、紺碧の海を渡る旅・多彩な非日常を味わう旅・島々と出会うエーゲ海デビューの船旅などなどに胸が高鳴る思いがしたものである。
 私たちのヴァカンスはこうして始まった。
その時の想いを、15話程度に分けてここに書き綴っておきたいと思っています。これから、乗船してみようと考えておられる皆さま方に、少しでも参考になればと思うのですが。 ご一緒にお付き合い戴くと嬉しいです。

自宅出発→博多に前泊第1日目】・(平成22年)2010.2月20日
今日の予定は博多に前泊するのみ…だから家を出るのは午後から…あわてることもない朝、手荷物の最終チェックをしていた。用意周到…だったつもりが??…私のキャビン内でのパンツが無い ! …やれやれ、また荷物が増えた。 前後泊を含めて17日の旅行の荷物は私と家内の分合わせてスーツケースの大が2個と中が1個となった。初めての船旅・そして17日間、果たして荷物は多いのか?….それとも少ないか?…..「フォーマルな服の準備が必要なだけ、どうしても荷物が多くなりますね」

 pm3:08電車で博多へと出発する。  今回も、日誌やメモ・そして写真管理をしながらの旅、軽量で小型のノート型p/c・VAIO xを携行した。 pm4:53博多駅に到着。直ぐにホテルでチェックインを済ませ、夕食のレストランへ行く。
明日からは西欧に入る…およそ2週間は日本食が食べられない。 なので、今晩の夕餉はもちろん和食…お酒「博多一本〆」とお刺身が美味い。 明日の出発はam5時過ぎと早い…食事をゆっくり楽しんだのちは、早めの就寝を心掛けた。

福岡空港→成田経由でミラノへ第2日目】・(平成22年)2010.2月21日
 夜中am2:30頃トイレに起きた。起床するには早過ぎる…ベッドに潜り込むが眠れない。 子供の頃のあのはしゃぎ様にも似て、ただ馬齢を重ねただけの「幼い年寄り」が今も同じく、初めての「クルージング」に心はしゃいで眠れないでいるのであった。そう言うこともあるが、旅行では何時の場合も、出発時刻の2時間前の起床を心掛けている。そうすることで「慌てる」ということがほとんど起こらないで済むからである。
 am3時、仕方がないので起きて温かいお茶を入れる。心落ち着いて、ゆっくりした時間の流れの中、出掛ける仕度をしたのであった。ひんやりとした冷気の中、am5:00にホテルを後にし空港に向かう。まだ夜が明けきらぬ5時過ぎ、空港そばのレストランで朝食をとった。
 そしてam6:05、空港のツアーカウンターに行く。そこには旅行者の列が出来ていて、あわただしい旅行手続きと、その会話が飛び交っていた。 am7:05には成田に向けて離陸…8時頃には富士山の横を飛行して行く。 そして8:45には成田国際空港に到着した。
 成田からは、ローマを経由してミラノ空港へ入る予定。JL-409便で12:00に出発した。長い空の旅が始まった。ヨーロッパ方面へのフライトはこれで3度目となる。今日の乗客数は340名で満席だそうだ。ローマまで12時間10分のフライトと機長のアナウンス。現地時間16:40ローマに到着した。

 ここでトランジットとなり、ローマをAZ-2050便で18:00に出発する。そし

 

 

 

ミラノ空港に到着したのは19:10だった。
 この空港から、今晩の宿泊ホテルまではおよそ50㎞・1時間ほどのバス移動となった。その宿泊先は、スイスとの国境に近い湖水地方の「コモという街にあるホテルであった。 チェックインを済ませ、キーを貰って部屋に落ち着いたのは夜9時を過ぎていた。

  長い長い空の旅からバス移動…それらを終えてホテルの部屋に腰を降ろした瞬間、何だか空腹感に襲われた。そう言えば、何処かで買い求めていた「おむすび」があるではないか。イタリアのホテルで夜食が「おむすび」とは…嬉しくなって、疲れが吹っ飛んだ。        何をもさておいて「おむすび」をぱくついた。実に美味い ! …そうして落ち着きを取り戻したのであった。

 旅行に出ては毎日、就寝する前に済ませておかねばならない事がある。 それは、パソコンを始めとするデジカメ・携帯電話などの充電セットである。また、常に持ち歩くショルダーバッグの中身の整理も大切である。旅行中・このバックの中身は1日で、けっこうにゴチャゴチャになるものである。
 このホテルには、クルーズを終えて帰国する前日に、もう一日・宿泊することになっている。その帰りの宿泊時には、少しの余裕時間がありそうなので、その折りに、ホテル周辺の街の散策だとか、撮影をしてみたいと思っている。
 2/21・深夜am3:00頃に起床をしてから、長い旅の時間が過ぎて、ここイタリア北部・コモの現地時間は、2/21のpm10:00を回っている。
 日本との時差が8時間あるので、日本では2/22のam6:00を過ぎたところかな。なので…日本を出発するために起床してから、何と27時間が経過しているのである。 やっぱり遠い遠いヨーロッパだ。
 極度な疲労感から、私にはシャワーを浴びる余力はなく、歯を磨き、顔を洗い…目覚ましをセットして寝ることにした。pm10:30だった。

カテゴリー: 海外旅行 パーマリンク

地中海・エーゲ海クルーズ17・2010(1) への6件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    ぐらんぱ、ぐらんま、とうとうエーゲ海クルーズの始まりだね。
    レイラなんて、初日のお刺身の盛り合わせの段階で満足度120%。
    しかも、JALなんだね、きっと機内食も最高だったんだろうな。
    機内食フェチのパパは、ただただうらやましいって感じで、レイラがブログ読んでる横から画面をのぞき込んでる・・・。
    さあ、わが家もブログじっくり読んでクルーズ疑似体験いたしま~す。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&ぱぱへ
      ちょっと出掛けていまして、返信が遅れました。
      いつも、ありがとうございます。
      少し長くなりそうですが…飽きずにお付き合い下さい。

  2. のコメント:

    クルーズの旅、続きが楽しみです。

    • ぐらんぱ のコメント:

      和さんへ
      アルバムとして、一度は見て戴いたことでしたよね。
      なので、目新しくないでしょうが
      お付き合い…よろしくお願いします。

  3. traneshepp のコメント:

    始めまして。
    趣味人から来ました。
    大変興味があり、ちょっと教えてください。
    この旅行は、飛行機からクルージングまでパックになったものなのでしょうか?
    もしくは、全部別個に手配された物なのでしょうか?

    チャリンコ

    • ぐらんぱ のコメント:

      チヤリンコさんへ
      blogにお立ち寄り戴きありがとうございました。お尋ねの件「trapicsのパック15日間」です。…私たちは、飛行機の出発と到着の時刻から→前後泊を含め17日となりました。航海のコースが色々あるようなので、合わせて検討されるのもよろしいかと思います。いつでもお気軽に…今朝6/18(土)am6:00にクルーズ「第7話」・ピラミッドを公開します。宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です