2013富士山周遊ドライブ10「第10話」

image_pdfimage_print

第10日目(11/13・水) 
  「羽田空港から長崎空港へ」・そして我家へ
  「最終話

 品川の高輪東武ホテルで迎えた朝・空は雲一つなく、真っ青に澄みわたっています。
 予報では、最低気温が6℃・最高が13℃と、12月上旬並みの気温だそうす。
 今回の旅を終えて今日は、我家へ戻る日です。
 ホテルで朝食を済ませ、am 8:00にチェックアウトしました。
 品川駅までは緩やかな下り坂なので、重い荷物もまったく苦にはなりません。
 ゆっくり歩いて10分もすると品川駅です。 大河に似た人の流れが、駅前の交差点から構内へと続いています。
 そうした流れに巻き込まれないように、京急線の改札へと向かいます。
 京急川崎線の1番ホームから電車に乗りこみ、羽田国際空港に向かいました

 蒲田駅では、空港に向っているらしい乗客が、どっと降りてしまいました。
 「乗り換え駅なのかな ?」と、一瞬そう思ったのでしたが、私たちは座り続けたのです。
 何だか変だなと思いながらも「川崎駅」を過ぎ「鶴見駅」まで来てしまいました。
 ここでやっと、乗り換えに失敗したことを、気付いたのです。….. トホホ
 「鶴見駅」から引き返し、羽田空港に到着です。
 JALの出発カウンターで、荷物を預け終わったのは、am 9:30 頃だったかと思います。 帰りの飛行機の出発は、午後の2時です。それまで、ゆったりとした時間があります。
 旅の最終日は、あまりバタバタとした行動をしたくないので、何時も、うんと時間に余裕を持って、日程を考えることにしているんです。
 手荷物も預けて身軽になったところで、6階の展望デッキに出て見ました。 
 思い掛けないことに、ここから「富士山」が見えているではありませんか。
  「富士山は上の写真の中央です

 私たちが、今日・ここ東京を飛び立つのを知っていて、まるで「見送り」してくれているかのようです。    ズームアップすると….「富士山は下の写真のように見えています」

 今回の旅のテーマは「雪化粧をした富士山を探す旅」でした。
 東京を飛び立つ、旅の最終日の今日・見送ってくれた「富士山」に感謝・感謝 です。

 次に、3階のスタバでお茶をしながら、お土産探しの作戦会議です。
 こうしている内に、空港内のショップが開店してゆきます。
 たかが「孫たち」への土産とは言え、その数・6名分ともなれば大変です。
 さらに、孫たちの年齢も性別もバラバラ。
 私たちにとって土産探しは、旅から帰るときの大きな課題なのです。

 予定の半数の土産が買えたのは、正午に少し前の時間となっていました。 そこで、腹ごしらえをして午後も引き続き、土産探しを続けます。
 買物が終わり、5階の「レストラン・喜八」でホッとひと休みのカフェ・タイムです。

 このカフェから眺められる空港の景色もまた、とても素晴らしいです。
 午後1時過ぎ、保安検査を受けて登場ゲートへ行きます。 13:50に機内への案内があり、 羽田空港は定刻の 14:00に離陸しました。

 旅の疲れが出て、ウトウトと眠ってしまっていました。
 ドスン !! ….. という着陸の音と衝撃で目が覚めました。 長崎空港には、予定より 10分ほど前に着陸していました。
 長崎空港も良く晴れていて風もなく穏やかです。
 ここは九州・日の入りは遅い … まだまだ太陽は高いです。
 予約しておいた乗合ジャンボタクシーに乗り込み、帰路につきました。 我が家に帰り着いたのは、17:25頃でした。
 早速、孫たちに土産を渡し、家族と一緒に夕餉の食卓につきました。
 
 こうして、今回もお陰さまで、無事に旅行が終わりました。
 神仏を始め、我家の家族に感謝・感謝でした。

 最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
…ではまた、次回にお会いしましょう。

カテゴリー: 国内旅行 パーマリンク

2013富士山周遊ドライブ10「第10話」 への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    お帰りなさい!
    なんとまあ、雪化粧の富士山に見送られて、
    最後まで贅沢な旅でしたこと。
    とにかく無事に着いてよかった、よかった。

    6人の孫たちへのお土産。
    そりゃ、大変だ。
    でもね、一人一人の顔を思い浮かべながらのお買いもの、
    それが何よりの楽しみっちゃ、楽しみなんだな。
    そして、家族みんなで生還祝いの食卓を囲む。
    可愛い孫たちが、ぐらんぱたちにしがみついてくっけど、
    疲れた体にゃ、そりゃこたえるさ。
    それがね、お決まりの旅の締めくくり。
    なんとも言えない至福の時なのね。

    今夜は、いつもの布団でゆっくり寝てくださいな。
    あれれ、目を閉じるとまた富士山が現れた。
    きっと、「おやすみなさい」って言ってんだね・・・。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&パパへ
      都内での運転を始め、知らない土地での長距離ドライブの旅。正直なところ不安を抱えての出発でした。なので、無事に我家に戻れたときは、何時もの旅になく、ほっとしたものでした。そして、旅の最後の最後の日まで、富士山が観れたことに感謝でした。前々からの念願の旅でしただけに、ちょっと力が入り過ぎて、laylaには「贅沢」に映ったのかもしれませんね。そう ! … 見て下さる皆さまへの、おもんばかりに欠けたレポートとなっていたのかもしれません。それにしても、今回もまた、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
      ではまたお会いしましょう !! …ありがとうございました。

  2. ROCKY&お姫様 のコメント:

     お帰りなさい!
    「雪化粧した富士山を探す旅」大大成功でした。!
    大変、楽しませていただきました。「お姫様」共々、ありがとうございました。
    「お局様」へ、よろしく!

     どういうわけか帰り仕度も、ワクワクするんですよネ。
    長崎に着いたョ~~と、言う気持ちですか?

     トワイライトEXが来年の春で終了することに、「お姫様」は非常に残念がっております。かわいそう!!
     昨日「お姫様」を熊本の例のところにお連れしました。 が!
    部屋にある露天ふろと、温泉は大満足でしたが、 が!
    食事と、せんべい布団には、がっかりしました。
    かわいそうでした。
    以前行った時は、大満足でした。変わったみたいです。

     さぁ~。
    旅の終わりは、また、旅の始まり。
    次も楽しみにしていま~す。

    「ぐらんば」お疲れさまでした。

     

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんとお姫さまへ
      お陰さまで、色んな表情の富士山に出会うことが出来ました。その「旅Blog」は、たわいなさが隠せません。それにも関わらず、お姫さまと一緒に、最後まで楽しんで下さったご様子に、心からお礼を申し上げます。
      さて、旅の宿の評価のことですが …評価が低いから良くない宿と言うわけでもないし、人気があるだけで、評価が高くなるわけでもありませんね。人には、それぞれの好みがあり、一概に採点できませんよね。
      私たちが旅の宿を選ぶに際して、「懐石料理」は、量が多過ぎてNOです。また、老化が進む足腰のために、部屋は洋室が優しいです。さらに、大浴場が衛生的で、野趣いっぱいなら満点だと考えています。
      Rockyさんとお姫さまの次の旅では、大満足な宿が見つかりますように … 。JR東日本は、2017年の春頃に・豪華寝台列車を走らすと、新聞に書いてありましたよ !! …ご参考までに。
      次のBlogも「ドライブ・シリーズ」で、「関東周遊ドライブ16」を、7月頃から公開できたらな ? と思っています。
      こりずにまた、見て下さいね !! … ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です