2012 ハワイ・ミドルステイ(10)

image_pdfimage_print

第 10話「ハワイ・ミドルステイ16 からの帰国
11月16日・天気は晴・いよいよ帰国の日を迎えた。 ヒルトンのレインボータワー・1階のレストラン「レインボー・ラナイ」に行くと、大行列が出来ていて、かなり待つ必要がありそうだ。 そこで、アリイタワー1階で、ビーチが目の前のカフェ・レストラン「トロピックス・バー&グリル」に行く
 そこで、ブレックファーストのメニューを注文する。 すると、クロワッサンと柔らかいチーズが出てきた。 次にほっかほかのトーストとハムやサラダなどが出て来る。このトーストには蜂蜜のソースが掛かっていて甘くて実に美味しい
 そう言えば、昨年・このヒルトンのルアウ会場で、蜂蜜がかかったビーフステーキの美味しかったことを思い出した。

今朝のバナナとナッツ(上の写真)も、柔らかく蒸してあって、とても美味いです。 こうして、ハワイでの満足な朝食を終えて、このレストランを出る。

部屋に戻って帰国のための支度をし、ホテルをチェックアウトする。 ステイ中、何かとお世話になったコンセルジュのベン木戸さんと、お別れの挨拶を交わす。 彼は「今日のハワイは寒いよ」と、カーディガンを羽織って執務をしていた
 彼は、私たちの部屋のスーツケースの運搬を、ベルに頼んでくれて、ホテルから空港までのタクシーの手配もしてくれた。手配してもらったタクシーが来た。彼が、エントランスまで見送りにきてくれた。 再会を約束して、抱き合って分かれた。
 彼は、ほんとうに、親しみやすく・優しい思いやりのある「おじさま」でした。
 am 8:15・ホテルを出て空港へ直行した。 空港に着いて直ぐに、チェックインの手続きに入る。 正午に近いテイクオフと言うのに、デルタ航空のカウンターは既にオープンしていた。 パスポートだけを提示するだけで、チェックインが済んだ。
次に、セキュリティの検査を受ける。
全ての乗客たちは、靴を脱がされベルトを外された。そして、万歳の格好でのX線検査である。そうした検査も何事もなく無事に通り抜けた。
アメリカからの出国審査は無い … なので簡単に終わったと言える。 am 9:15・ほっとしたところで、お茶にしようとレストランに入り、ケーキの代わりにハンバーガーを買い求める。暫くして・am 10:10頃・搭乗する No.10 ゲートへと行く。
ところが、この待合室には、クルーがまだ来ていないとの理由で入れない。
am 11:00 になってやっと待合室のゲートが開いた。
 その待合室へ入り、15分も経過したかと思ったら、機内への案内が始まった。
このデルタ航空は、搭乗時間が早い。 こうして機内へ入ると、私たちの席の広さが、何時ものエコノミー・サイズとは違っていて、足下がゆったりのスペースとなっている。 何故こうなっているのかは分からなかったが、ビジネスクラスとエコノミーの中間クラスの座席となっていて、ラッキーであった。 定刻の am 11:55 に、機体はターミナルを離れる。まだまだこの時間帯は、出発のラッシュアワーで、滑走路手前でかなり待たされる。
ホノルル国際空港 am11:55発予定の福岡国際空港行き DL599便である。
飛行機は、12:10に離陸した。
これから、予定では、およそ10時間のフライトとなりそうだ。
 ハワイ時間の 13:40・ランチが片付けられた。
日本時間では、朝の8:40・まだまだ、飛行機は太平洋の真ん中である。

到着時刻が迫ってきた … 機長からのアナウンスで、福岡の天気は曇り、気温は14℃だそうだ。機体は慎重に、滑走路に向かって高度を下げてゆく。空は二重の雲が覆っている。予定の時刻より、40分ほど早い 17:15に、福岡国際空港に着陸した。

空港の外に出てみると、福岡の街は、グレー一色。
半袖のTシャツの上に、薄いセーターを羽織ったばかりの私の皮膚に、冷気が突き刺さるんです。 オーっ寒い。風もあってよけいに体感温度を下げている。

ハワイから一緒に帰国した大勢の連中は、いつの間に着替えたのか、空港を出る頃は、すっかり真冬のスタイルとなっているから、皆さんは何とも用意がいいよね。
タクシーで、ホテル日航福岡へと急ぐ。 今晩は福岡で後泊するのである。
ホテルのチェックインと同時に、明日のレンタカーの手配を済ませた。そして、部屋へ荷物を置いて、急いで出掛ける。 久し振りの日本での夕食が楽しみなのである
 博多駅の地下に、期待していたとおりの居酒屋があった。 何でもないごく普通の単品料理注文する … それが何とも美味しい !! のである。 こうして満足の夕食を済ませホテルに戻り、洗面・歯磨きをしてベッドにバタン Q !!

翌朝・バスタブにたっぷりのお湯を入れて、首まで浸かる。昨日の長いフライトの疲れがとれてゆくのが分かる。何とも気持ちの良い朝です。
そして、am7:00・ホテル日航福岡の2階の「弁慶」で和食の朝食をとる。


 日本は、レストランも料理も美味しくて綺麗です。 まったくストレスのない満足な朝食をとれたのです。
今日の博多の天気は、昨日とは打って変わって快晴。そのためにか、昨日よりは少し冷え込むとの予報であった。街を往き交う人々の服装は、完璧な冬支度である

レンタカーがホテルへ配車された。ホテルを゜Check out し、レンターカーに乗り込み帰路についた。 車から観る景色は、すっかり秋色。何時の間にか季節は、がらりと表情を変えていたのには、正直驚いた。
途中・我が家から電話が入った。今日は日曜日 … 孫たちがみんな揃っていて、首を長くして土産を待っているらしい様子が伝わって来た
「旅は往くも良し、帰るもまたよし」 そう思える旅は … 言い換えれば「旅が充実して終わった」と言うことに他ならないと、そう思っているのである。
こうして、今回のハワイ・ミドルステイ16 は、お陰さまで無事に終わったのでした。

皆さまには、長いお付き合いを戴きまして、ありがとうございました。
次は「2013  気の向くままにドライブ沖縄 4 」を予定しています。

でまた…お逢いしましょう !!
Mahalo〜 !!

カテゴリー: 海外旅行 パーマリンク

2012 ハワイ・ミドルステイ(10) への4件のフィードバック

  1. layla のコメント:

    ぐらんぱ、ぐらんま、お帰りなさい。
    無事の到着おめでとう、待ち遠しかったよ!
    ちびっ子たちの歓声が、レイラのお家まで聞こえてきそうだ。

    旅は行くもよし、帰るもよし・・・名言だね。
    「あ〜っ、疲れた」と、玄関先に荷物をおろす瞬間は、
    やっぱり自宅が一番だと思うけど、
    しばらくすると、またまた出かけたくなっちゃうんだよね。

    ほう、次回は沖縄の旅だね。
    気をつけて、行ってらっしゃい!
    レポート楽しみにしているよ。

    • ぐらんぱ のコメント:

      laylaとママ&パパへ
      Aloha〜 !!
      お陰さまで、無事に帰ることが出来ました。どんなに短い旅であっても、振り返ってみると、沢山の見知らぬ方たちの支えがあって、旅が楽しく終わっているんです。そう何時も、感謝 ! 感謝 ! です。
      そうして家に帰ってくると「やっぱり自分の国が一番だ」と思うのは、世界中の誰もが同じ思いなんですよね。 … 毎回、帰国して何ともホッとすることは … 「食事」と「ウォシュレット」 … それに、私たちの帰りを待っていてくれる家族がいる … これもまた、旅からの帰りの、何よりも楽しみなことなのです。
      … ありがとうございました !!
      次の「沖縄」をお楽しみにして下さいね。
       Mahalo〜 !!

  2. Rocky & お姫様 のコメント:

    レインボータワー懐かしいです。
    いろいろと、私達も旅をさせていただいたようです。ありがとうございました。
     今回の旅も充実していたんじゃーないですか。充分に。
    旅の帰り、自分の国が一番、自分の家が一番、また家族がいることの大切さ、
    あらためて、お帰りなさい!
     次の旅の始まりですね。楽しみにしています。

    • ぐらんぱ のコメント:

      Rockyさんとお姫さまへ
       Aloha〜 !!
      私のブログから、ハワイを思い出し懐かしんで下さる … 少しでもお役にたてたことを、嬉しく思います。今回のミドルステイに当たっては、当初から、何の目的も持ち合わせなく現地入りしたものですから、充実した旅になるか ? と、ひそかに心配していたことを思い出しています。その一方では「まるで住んでいるかのようなステイをしてみたい」などと大それたことを申し上げたり、何てことはない「行き当たりばったりの珍道中」でした。それでも、多くの人たちに支えられたお陰で、充実感をもって帰国することができました。本当に感謝しています。
      次の「旅ブログ」もまた、ご笑覧下さいますようにお願いします。
      ではまたお会いしましょう … ありがとうございました !!
       Mahalo〜 !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です